コンテンツ

経年劣化による給湯器の水漏れ

ほとんどの家庭で給湯器を毎日使っているはずです。夏場の厳しい暑さの時でも、シャワーを浴びるときに真水ではさすがに厳しいものがあります。しかし、頻繁に使用する器具だけに、長年使用し続けるとどうしても部品が劣化して水漏れを起こすこともあります。

■給湯器の寿命はそもそもどのくらいなのか

給湯器の寿命はどのような使い方をしてきたかによって、若干異なります。しかしメーカーなどの耐用年数などを踏まえると、大体7年から10年も経過すればいつ水漏れが起きてもおかしくはないと思ったほうがいいです。本体で使われているパッキンなどのゴム製の部品については、どうしても同じものを使い続けると破損しやすくなります。経年劣化で水漏れが起きている場合、部品を交換して改善が期待できるケースもあれば、本体の交換が必要な場合もあります。水道 修理業者を呼んで専門家に見てもらったうえで、修理か交換かの検討を進めましょう。

■新しい機種で水漏れが発生した

中にはまだ取り付けて1年程度の新しい給湯器で水漏れが発生したというケースもあります。この場合にはもちろん本体の故障もあり得ます。しかしたいていのケースが、取り付けの時の整備不良が原因であることがほとんどです。もし新品の給湯器で水漏れが発生した場合、設置した業者に速やかに連絡した方がいいです。症状を確認してもらって整備不良が原因と特定された場合、無料で修理してもらえるでしょう。もしものための保険や保証がどうなっているか、前もって業者の担当者に聞いておきましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れは、機器自体の寿命の可能性が高いです。10年近く使い続けているのなら、部品を交換してもまたすぐに別のところで不具合が発生する恐れも十分考えられます。その場合には全体を思い切って交換するのも一考です。また比較的新しいものでトラブルが起きていれば、整備不良の可能性を考えて設置業者に連絡することが大事です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ