コンテンツ

冬場の給湯器の水漏れに注意

給湯器は特に寒い時期に活躍するアイテムです。ところが、冬になると給湯器で水漏れがしばしば発生します。なぜ一番使用する時期に水漏れリスクが高まるのか、それは凍結が大きく関係しています。配管が破裂してしまうと、水道 修理業者に依頼して新しいものと交換する必要性が生じます。

■関東や関西で発生リスクが高い

そもそもなぜ冬にトラブルが起きるのか、それは配管内の水の凍結が大きく関係しています。子供のころの理科の授業を思い出してほしいのですが、水が凍結して氷になると体積が膨張します。配管内の水が凍結すると容積が増えます。配管がその膨張分を抑え込んでくれればいいですが、もしこらえきれなくなると行き場を失って、最終的に破裂してしまいます。関東や関西地方の場合、冬場でも比較的温暖です。しかしそれでも天気予報などを見ていただければ分かりますが、年に何度か氷点下を記録することもあるはずです。このため深夜や早朝に凍結を引き起こすこともあり得ます。

■雪国ではリスクが低いのか

給湯器内部の凍結は東北地方や北海道では頻繁に起こるのでは、と思う人もいるでしょう。確かに冬場これらの地方は連日雪が降り、最高気温でも氷点下という地域もあるので無理はありません。しかし北海道や東北地方ではこのような凍結が起きるリスクは低いです。というのもあらかじめ凍るのを想定して作られているためです。給湯器メーカーでは寒冷地仕様の機種もあります。凍結しにくい構造になっているため、これが原因となる水漏れは起こりにくいとされます。

■まとめ
冬に給湯器から水漏れが発生して、お湯が出なくなると大変です。配管が凍結によって破裂してしまうと少なくても交換が必要になります。場合によっては本体全体を交換するという大掛かりな工事になることも考えられます。異常を感じたら、速やかに業者に相談することをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ