給湯器の水漏れは放置すべきではない

給湯器の水漏れは放置すべきではない ある日何気なく給湯器を見たところ水漏れが発生していた、このような事態があった場合どう対処すれば良いのでしょうか。普通にお湯が出ているようであれば、そのまま使い続けても差し支えないだろうと考える人も出てくるかもしれません。確かに水抜き栓から水が出ている場合、正常な機能のため何か対処する必要はないでしょう。しかしそれ以外の不具合であれば、速やかに業者を呼んで修理を依頼したほうがいいです。そのままの状態で使い続けて放置した場合、さらなる危険が高まるからです。すぐに業者に連絡したほうがいい理由について以下で詳しく紹介します。

■不完全燃焼を起こす危険性がある

給湯器 水漏れは考えられる発生個所はいくつかありますが、場合によっては内部でも起こります。この場合注意しておきたいことに、ガスが不完全燃焼を起こす危険があります。現在一般家庭で使用されている機種のほとんどに安全装置が搭載されているはずです。このため不完全燃焼が起きた場合でも安全装置が作動して、自動的にガスの供給を中止します。しかし100%確実にどのような事態でもこの装置が機能するとは限りません。例えばメーカーの想定を超える大量の水漏れが発生した場合などは、うまく機能しない恐れがあります。

■一酸化炭素中毒に陥る可能性も
もし給湯器の水漏れによって不完全燃焼状態に陥った場合、一酸化炭素が発生します。これがもし部屋の中に入ってきた場合、中毒を引き起こすこともあり得ます。一酸化炭素中毒について多少理解のある方なら分かるかもしれませんが、時として命にかかわるような重篤な症状に陥ることもあり得ます。しかも一酸化炭素は無味無臭で、臭いで気づくことができません。このため気が付いたら重症になっていることも起こります。そのほかにも給湯器では電気も使っています。水漏れが電気の流れている近くで起きると、ショートしてしまって本体が完全に故障してしまうこともあり得ます。本来なら修理で直せたものが交換する羽目になり、余計に費用がかさんでしまうかもしれません。

■集合住宅の場合階下に迷惑をかける

ポタポタ程度の水漏れの場合、被害が少ないと考えて放置したくなることもあるでしょう。これはパッキンのひび割れが原因と考えられます。しかしそのまま使い続けるとひび割れの範囲が拡大して、最終的に完全に壊れる可能性も十分にあります。すると周辺が水浸しの状況になるはずです。もしこれがマンションやアパートなどの集合住宅で起きたらどうなるでしょうか。階下の天井も水浸しになってシミを作る、それどころかポタポタ水が垂れてくることも考えられます。皆さんが加害者になってしまう可能性も十分にあります。業者を呼ぶべき状況にもかかわらず呼ばなければ、過失によって弁償や賠償という話にもなりかねません。さらに隣人トラブルに発展して、そこにいられなくなって引っ越さなくてはいけなくなるところまで事態が悪化することもあります。

■まとめ
水漏れを放置することで一酸化炭素などの命の危険や隣人トラブルのもとになるなど、いいことはありません。給湯器のトラブルは放置して何の対処をしていないのに、ある日突然直っていたということはあり得ません。水漏れに気が付いたら、すぐに専門業者に連絡することが大切です。給湯器は同じものを使用し続けると徐々に内部の劣化が進み、いずれは寿命を迎えます。必ずいずれは壊れるものであり、どの家庭でも起こりうるトラブルです。連絡すれば専門家が現場に急行してくれ、状況を見てくれます。修理で行けるのか、交換したほうがいいのかアドバイスしてくれますから、予算のことなども考えてどの選択肢がベストかを担当者と相談して決めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース